交通事故の対応

私たちが日々の生活を送る中では、交通事故などの被害者となり、加害者と示談交渉を行なわなくてはいけなくなる可能性もあります。
示談は、賠償金の額や支払い方法を決定したり、後のトラブルを防いだりするための重要な話し合いですので、慎重に進めなければなりません。
示談交渉は、加害者と被害者による話し合いですが、それぞれの加入している保険会社の担当者によって代行されるケースが多くなります。
また、何らかの理由によって、保険の適用を受けることができない場合には、弁護士などに依頼して、代行してもらうこともできます。
こちらの方法を選択すると、言うまでもなく弁護士などに払う費用が発生しますが、専門性の高い知識、豊富な経験を有さない人にとっては、負担するエネルギーや時間、コストが軽減されることも期待されます。

いずれの方法を選択するにしても、示談を行なった後は、その内容に法的な効力を持たせるために、示談書を公正証書にしておくことをおすすめします。
交通事故などによって、被害者が亡くなった場合には、すぐに示談を行なっても構いませんが、傷害事故が発生したり、後遺障害が出る可能性があったりする場合、示談書に捺印する時期には注意する必要があります。
また、損害賠償請求権の行使には、時効があることにも気をつけなくてはいけません。
こちらのサイトでは、交通事故の被害に遭って、示談を行なう必要性に迫られている人のために、関連情報をお届けします。



≪管理人特選サイト≫
交通事故などの被害者となり、加害者と示談交渉を行なわなくてはならない場合に弁護士に無料で相談出来るサイトです...交通事故 弁護士